新美南吉生誕100年公式ウェブサイト


後援事業・その他 | 生誕100年記念事業 | 新美南吉生誕100年

企画展示「巽聖歌と新美南吉~友情と名作を育てた上高田」

期間

2013年11月30日(土)~2014年1月30日(木)

場所

中野区立中央図書館(東京都中野区中野2-9-7)

費用

無料

詳細

新美南吉は東京時代の4年半を中野区で暮らしました。かつて中野区上高田には文学の先輩である巽聖歌の家があり、彼の代表作童謡「たきび」の舞台となった垣根の屋敷は今も遺っています。展示では、巽聖歌・新美南吉の著作を中心に、関係人物の紹介、中野区とのゆかり、在住当時の町の様子などをご紹介します。

問い合わせ

中野区立中央図書館 電話03-5340-5070

主催
中野区立中央図書館

このページの先頭へ

風のともだち~「ごんぎつね」より~(朗読劇「プロとつくる舞台~ホップ・ステップ・ジャンプ~」

開催日

2014年1月18日(土)14時~(開場13:30)

場所

名古屋市芸術創造センター(地下鉄東山線「新栄駅町」駅1番出口より北へ3分)

費用

1,000円(全席自由)

詳細

名古屋市文化振興事業団の主催による「ごんぎつね」を題材とした朗読劇。
脚本は地元劇作家で岸田國士戯曲賞受賞者の佃典彦が書き下ろし、オーディションにより選ばれた市民31人が劇団うりんこのメンバーと共に演じます。

申込み

チケットの取り扱い
名古屋市文化振興事業団チケットガイド TEL:052-249-9387(チケット郵送可)
名古屋市芸術創造センター TEL:052-931-1811
チケットぴあ Pコード〔433-676〕 TEL:0570-02-9999

問い合わせ

公益財団法人名古屋市文化振興事業団 TEL:052-249-9387 (受付時間:平日9:00~17:00)

主催
公益財団法人名古屋市文化振興事業団

このページの先頭へ

「ごんぎつねとともに」~新美南吉生誕100年記念~

期間

2013年10月11日(金)~12月23日(月)

場所

大阪府立中央図書館展示コーナー

費用

無料

詳細

・絵本や教科書にみるさまざまな「ごんぎつね」
・茂田井武による新美南吉童話集『きつねのおつかい』の挿絵原画
・パネル展『童話作家 新美南吉の世界』
・子ども向けクイズラリー(全問正解するとごん吉くんのしおりがもらえます)

問い合わせ

電話 06-6745-0170

主催
大阪府立中央図書館国際児童文学館

このページの先頭へ

展示「ごんぎつねとともに」~新美南吉生誕100年記念~

tenji2

期間

2013年10月11日(金)~12月23日(月)

場所

大阪府立中央図書館展示コーナー (大阪府東大阪市荒本北1-2-1)

費用

無料

詳細

・絵本や教科書にみるさまざまな「ごんぎつね」
・茂田井武による新美南吉童話集『きつねのおつかい』の挿絵原画
・パネル展『童話作家 新美南吉の世界』
・子ども向けクイズラリー(全問正解するとごん吉くんのしおりがもらえます)

問い合わせ

大阪府立中央図書館国際児童文学館 電話06-6745-0170

主催
大阪府立中央図書館国際児童文学館

このページの先頭へ

新美南吉装丁展 ~16人のクリエーターが編む南吉童話~

期間

2013年12月10日(火)~12月23日(月) 12時~19時(最終日は16時まで) ※16日休廊

場所

ギャラリーまぁる 東京都渋谷区恵比寿4-8-3

問い合わせ

ギャラリーまぁる TEL03-5475-5054

主催
ギャラリーまぁる

このページの先頭へ

「新美南吉をかく」PartⅡ(第8回清韻会書展)

期間

2013年12月21日(土)~22日(日) 10時~16時

場所

雁宿ホール(半田市福祉文化会館)2階

主催
清韻会

このページの先頭へ

講演会「新美南吉童話の魅力」―哀のある愛の世界―

南吉は中学2年生頃から創作を始め、日記の中に「悲哀、即ち愛を含めるストーリィをかこう」と記して、初期の代表作「ごんぎつね」を作りました。「手袋を買いに」には初めて雪を見た子狐への母狐の愛が、「去年の木」には小鳥の木への愛が描かれています。この2作品を中心に、南吉が童話に託した思いを探ってみましょう。

開催日

2013年12月21日(土)13時~14時30分

場所

梅花学園茨木キャンパス 澤山記念館講堂(大阪府茨木市宿久庄2-19-5)

費用

無料

詳細

講師 谷悦子さん(梅花女子大学名誉教授)

備考

講演終了後、引き続き南吉が愛したクラシック音楽のコンサートを行います(14時30分~15時)

申込み

不要

問い合わせ

梅花学園生涯学習センター (072)643-6297

主催
梅花学園生涯学習センター

このページの先頭へ

新美南吉生誕100年~名作「ごんぎつね」の読み語りとともに~

開催日

2013年12月15日(日)13時30分~15時30分

場所

メルパルク京都カルチャールーム(京都市下京区東洞院通七条下る メルパルク京都文化センター)

費用

大人3000円 小中学生1000円

詳細

出演:講演 林和清(歌人)  読み語り 辻ひろ子
第一部 講演「新美南吉の少年時代」 読み語り「ごんぎつね」第二部 講演「新美南吉の青年時代」 読み語り「手袋を買いに」
みんなで朗読しよう

問い合わせ

メルパルク京都カルチャールーム 電話075-353-7070

主催
大阪よみうり文化センター

このページの先頭へ

「朗読駅伝」~新美南吉生誕100年によせて

栃木放送のアナウンサーから朗読活動をしている市民や小学生まで約40人が、それぞれ好きな南吉作品を朗読し綴っていきます。懐かしい蓄音機によるレコード演奏とのコラボレーションでお楽しみください。

開催日

2013年12月15日(日)10時~16時(お昼休みを1時間程度はさみます)

場所

栃木県立図書館ホール(栃木県宇都宮市塙田1-3-23)

費用

無料

申込み

予約不要

問い合わせ

朗読グループ「ことのは」 白井佳子 電話028-622-1111(栃木放送)

主催
朗読グループ「ことのは」 (共催:栃木県立図書館)

このページの先頭へ

南吉と「平和」~朗読と講演のつどい~

社会をみつめ、平和を愛した新美南吉の知られざる姿を学びます。

開催日

2013年12月8日(日)14時~16時30分

場所

アイプラザ半田2階 小ホール

費用

500円

詳細

・山田昌さん、天野鎮雄さんに朗読「アブジのくに」「ひろったラッパ」
・特別講演「社会をみつめ、平和を愛した新美南吉」講師:福岡猛志(日本福祉大学名誉教授)

問い合わせ

090-3386-6250(事務局・稲生)

主催
半田空襲と戦争を記録する会

このページの先頭へ

「新美南吉の詩による五つのうた」初演(姫路市民合唱団第52回定期演奏会)

開催日

2013年12月8日(日)開場13時30分 開演14時

場所

パルナソスホール(姫路市立姫路高等学校音楽ホール)

費用

無料(要整理券)

詳細

今年創団60周年を迎えた姫路市民合唱団の定期演奏会。

第1ステージ

グローリア、「沙羅」より 丹澤、「旅」より なぎさ歩めば、「土の歌」より 農夫と土

第2ステージ

タンホイザー行進曲、ともし火、さくらさくら、花の街、レ・ミゼラブル「民衆の歌」他

第3ステージ

「新美南吉の詩による五つの歌」 60周年記念委嘱作品 全曲初演

  • 「蝶々」「春の電車」「月夜」「貝殻」「泉」 作詞・新美南吉 作曲・山岸徹
備考

指揮:鏡谷明夫

問い合わせ

079-223-6255(坪田)

主催
姫路市民合唱団

このページの先頭へ

コーラスわんすてっぷ25周年記念「25thアニヴァーサリーコンサート」

開催日

2013年11月24日(日)14時開演(開場13時30分)

場所

常滑市民文化会館ホール (愛知県常滑市新開町5-65)

費用

無料 ※要整理券

詳細

三部構成第三部 南吉の世界 オーケストラのための組曲「半田」より「南吉」他

このページの先頭へ

新美南吉の青春展(北アルプス展望美術館)

新美南吉が青春を過ごした東京外語時代を中心に、その活躍の源と時代背景を探ります。

チラシ表 チラシ裏

期間

2013年9月21日(土)~11月24日(日)

場所

北アルプス展望美術館(長野県北安曇郡池田町大字会染7782)

費用

大人800円、高大生500円、中学生以下無料

問い合わせ

TEL 0261-62-6600

主催
北アルプス展望美術館

このページの先頭へ

新美南吉の青春展

新美南吉が青春を過ごした東京外語時代を中心に、その活躍の源と時代背景を探る特別展です。

期間

2013年9月21日(土)~11月24日(日)

場所

北アルプス展望美術館(長野県北安曇郡池田町大字会染7782)

費用

大人800円、高大生500円、中学生以下無料

問い合わせ

電話0261-62-6600

主催
北アルプス展望美術館(池田町立美術館)

このページの先頭へ

新美南吉朗読会

開催日

2013年11月24日(日)13時~15時

場所

井手口楽器店3階ホール(愛知県名古屋市昭和区神村町2-14-7)

費用

無料

詳細

(一社)日本朗読検定協会プロフェッサーの池上あきこさんと池上さんが指導するヒューマンアカデミーの学生による朗読会。ハープ演奏もあります。

主催
池上あきこ

このページの先頭へ

新美南吉の生涯と作品~新美南吉生誕100年を記念して~

軽度の知的障害を持ちながら語りの世界で活躍をしているサヤ佳さんが「巨男の話」「でんでんむしのかなしみ」などの南吉作品を語ります。彼女にとって初めての自主公演です。新美南吉の生涯や人となりの紹介、ゲストの「うめむらまり」さんによる「狐」の語りもあります。

sayakaチラシ

開催日

2013年11月16日(土) 18時~(開場17時30分)

場所

梅坪台交流館(愛知県豊田市梅坪町1-15 梅坪小学校南側)

費用

1000円

問い合わせ

090-4466-6800(小林)

主催
語人サヤ佳

このページの先頭へ

奥三河郷土館特別展示「設楽に南吉がやってきた」

未完の小説「山の中」の舞台として描かれている田口線、清崎、塩津温泉など、設楽町内の土地や交通機関の当時の姿と現在を紹介します。

開催日

2013年11月6日(水)~11月11日(月)

場所

設楽町奥三河郷土館(愛知県北設楽郡設楽町田口字アラコ14)

費用

200円(8日~10日の文化祭期間は無料)

問い合わせ

電話0536-62-1440

主催
設楽町教育委員会・設楽町奥三河郷土館

田口小学校の群読やつぐ語りの会による南吉作品の朗読もDVDで放映します。

このページの先頭へ

児童文学展~新美南吉の世界を訪ねて~

二葉館は、日本初の女優と謳われた川上貞奴と電力王と称された福沢桃介が大正時代に暮らしていた邸宅を移築・復元した建物で、二人に関する展示のほかに城 山三郎など郷土ゆかりの作家についても紹介しています。今年は愛知県出身の作家、新美南吉の生誕100年を記念して、南吉に関する展示会を開催します。

二葉館

期間

2013年10月8日(火)~11月10日(日)

場所

文化のみち二葉館(名古屋市東区橦木町3-23)

費用

入館料(高校生以上200円)が必要

問い合わせ

052-936-3836

主催
文化のみち二葉館

期間中の毎週土曜日13時30分より南吉作品の読み語りを行います。

このページの先頭へ

名東区芸術文化フォーラム 第12回アートラリー2013「優」

開催日

2013年11月4日(月・祝)11時~~・14時30分~

場所

うりんこ劇場(愛知県名東区八前1-112)

費用

小学生以上1500円

詳細

朗読をベースに筝曲、洋舞、日舞、合唱とのコラボレーションによる公演。
第一部で新美南吉の「狐」と「天国」を取り上げます。

申込み

名東区芸術フォーラム事務局 関山(電話052-703-8971)
劇団うりんこ(電話052-772-1882)

問い合わせ

名東区芸術フォーラム事務局 関山(電話052-703-8971)

主催
名東区芸術文化フォーラム

このページの先頭へ

新美南吉の世界を訪ねて

名古屋市にある文学館「文化のみち二葉館」で開催される、朗読と音楽の会です。

二葉館チラシ表 

二葉館チラシ裏

開催日

2013年11月3日(日)

場所

文化のみち二葉館(名古屋市東区橦木町3-23)

費用

入館料(高校生以上200円)が必要です

詳細

午前の部 11時~12時・新美南吉「幼年童話」 朗読:いのこ福代 歌:廣田昌代
・「最後の胡弓弾き」  朗読:いのこ福代 胡弓:石田音人

問い合わせ

TEL 052-936-3836

主催
文化のみち二葉館

このページの先頭へ

朗読とフルートで贈る新美南吉の世界~新美南吉生誕100年によせて~

「子どもの好きな神さま」「手袋を買いに」など、南吉のぬくとい心から紡ぎだされた物語をフルートとともにお楽しみください。

開催日

2013年11月3日(日)13時~14時

場所

崇化館交流館大会議室(愛知県豊田市昭和町2-46)

費用

無料

詳細

森下美江子(朗読)
瀬田なお子(フルート)

問い合わせ

崇化館交流館 電話0565-33-0750

主催
崇化館交流館

このページの先頭へ

「南吉童話」を生演奏とともに~大型紙芝居上演と朗読~

秋の徳川園を楽しむ「風を見る 徳川園の秋景」の催しのひとつとして大型紙芝居の上演と楽器の演奏を行います。

開催日

2013年11月2日(土)15時~17時、3日(日)16時~17時

場所

徳川園ガーデンホール(愛知県名古屋市東区徳川町1001)

費用

11月2日の入園は有料(大人300円)

詳細

大型紙芝居(きりんの会)

問い合わせ

電話052-935-8988

主催
(公財)名古屋市みどりの協会 徳川園管理事務所

このページの先頭へ

劇団オクムラ宅愛知公演「新美南吉の日記 1931-1935」(ろじうらVol.4)

「私は、私が卑しいものである事を、美しい彼等に知られる事が恐しい。」
「貧乏人のきたない出来ない子が、手をつかむと、いやになる。」
優しく、美しい物語を紡いだ新美南吉。しかし、その日記には童話作家のイメージを裏切る意外な言葉が多く見られます。
その言葉の裏にある本当の南吉とは?
南吉を敬愛して止まない若き演出家奥村拓が恋人M子の視点から解き明かします。
昨年秋に東京で上演されたオクムラ宅の「新美南吉の日記」が半田にやってきます!

新美南吉の日記チラシ

開催日

2013年10月19日(土)18時~19時30分
2013年10月20日(日)11時~12時30分
2013年10月20日(日)14時30分~16時

場所

来教寺(半田市亀崎町5-18)

費用

前売 1,500円
当日 2,000円
全席自由・税込

詳細

定員 各回50名

備考

今年の「ろじうら」、テーマは本です。
「かめざき文庫」というタイトルのもと、亀崎の町をひとつのブックコレクションに見立てます。
古い本の世界から飛び出したような音楽やアート、遊び場、すてきなお店たちが町にあふれます。かめざきに縁のある本たちもご紹介いたします。
ぜひお気に入りを探しに出かけてください。

申込み

ろじうらVol.4のWEBサイトへ http://rojiura-kamezaki.com/
※来教寺へのお電話はご遠慮ください

主催
ろじうら実行委員会

このページの先頭へ

新美南吉生誕100年朗読パーティ2013 「南吉さんの下宿編パート1」

今夏、南吉が暮らしていた当時のままに復元された大見家の下宿部屋をお借りして、南吉童話の朗読会を行います。

開催日

2013年10月20日(日)11時~11時30分・14時~14時30分

場所

南吉の下宿(大見家) 愛知県安城市新田町出郷37

費用

無料

詳細

朗読 石川恵深(女優)

申込み

整理券をギャラリー&カフェ南吉館で10月上旬から配布します。

問い合わせ

電話080-3619-5194(石川)

主催
笑みの会

このページの先頭へ

新美南吉生誕100年記念 合唱オペラ「ごんぎつね」

平成15年(南吉生誕90年)に半田市で公演され、大きな感動を呼んだ合唱オペラ「ごんぎつね」。
生誕100年の今年、プロのソリストと知多半島中から集まった合唱団員101名によって再演されます。

開催日

2013年10 月12 日(土)18時30分~・ 13日(日)13時30分~

場所

雁宿ホール 大ホール

費用

一般前売り3,000円

詳細

知多半島中から集まった100 名以上の合唱団員とプロのオペラ歌手による上演。
第一部 新美南吉の詩を歌う(半田少年少女合唱団)
第二部 鼎談「合唱オペラ『ごんぎつね』を語る」(池辺晋一郎、村田さち子、矢口栄)
第三部 合唱オペラ「ごんぎつね」(ごん…内田由美子、兵十…鳴海卓ほか)

申込み

※両日とも売り切れ

問い合わせ

上演実行委員会事務局・柴田式子 080-3286-8641

主催
合唱オペラ「ごんぎつね」上演実行委員会共催事業

このページの先頭へ

朗読劇ワークショップ公演「新美南吉の世界」

5月に開催した朗読フェスティバルin野田「新美南吉大会」でコーディネーターを務めた演出家の梅田宏氏を講師に全12回の講座を通して朗読を学んだ受講生が南吉作品を朗読します。

開催日

2013年10月12日(土)14時~

場所

野田公民館 欅のホール・小ホール(千葉県野田市中野台168-1)

費用

500円(前売・当日とも) ※中学生以下無料

問い合わせ

電話04-7123-7819(野田公民館)

主催
野田市野田公民館・野田市中央コミュニティ会館・指定管理者 欅のホール活性化共同体 代表アクティオ株式会社

このページの先頭へ

新美南吉生誕100年記念スタンプラリー「ごんの尻尾を追え!」

開催日

2013年10月6日(日)9時30分~15時(受付は13時30分まで)

場所

新美南吉記念館、岩滑小学校、権現山、矢勝川周辺及び南吉ゆかりの場所
(受付・スタート 新美南吉記念館)

費用

無料

詳細

南吉のふるさとを巡るスタンプラリー。矢勝川に架けられた特設の橋を渡ることもできます。

備考

対象 幼稚園・保育園~中学生とその家族(小学3年生以下は保護者同伴)

申込み

当日参加もできます

問い合わせ

半田ライオンズクラブ 電話0569-21-4433

主催
半田ライオンズクラブ・阿久比ライオンズクラブ・日本ボーイスカウト愛知連盟知多東地区

このページの先頭へ

和楽器スーパーセッション2013秋

篠笛、尺八、龍笛、笙、三味線、琵琶、琴など和楽器を中心に、ソプラノ、女声合唱、語りなどを組み合わせた創作曲のコンサート。

名古屋音楽大学名誉教授で作曲家の小櫻秀爾氏が作曲した、「語りと五重奏による新美南吉の世界の『手ぶくろを買いに』」(約20分)も披露されます。

和楽器スーパーセッションチラシ

開催日

日時 2013年10月6日(日)14時30分~(14時開場)

場所

会場 名古屋市芸術創造センター

費用

前売券 2,000円(当日券2,500円)

申込み

チケットは、栄プレチケ、愛知芸文センター、中日ビルSC,ヤマハ東海などで販売

問い合わせ

090-6805-2662(水野)

主催
日本音楽を発展させる仲間たち(和楽器アンサンブル・みずほ)

このページの先頭へ

市民憲章運動推進第48回全国大会 半田大会 協働のまちづくり~輝け半田!!みんなでいっしょに大作戦~

市民憲章運動の全国大会が新美南吉生誕100年を記念して半田市で行われます。

開催日

10月5日(土)13時~(参加受付12時~)

場所

雁宿ホール大ホール(名鉄知多半田駅から徒歩3分)
※1300席

費用

無料

詳細
1.歓迎アトラクション
  • 半田ジュニアブラスバンドによる半田にちなんだ曲の演奏
2.まちづくりキーパーソントーク
  • 水辺・植栽・防災活動の実践者、半田市長、アドバイザー三輪真之氏(計画哲学研究所)
3.新美南吉生誕100年記念企画~南吉童話が次世代へつなぐもの~
  • 俳優竹下景子さんによる朗読(新美南吉昭和4年の日記、幼年童話)
  • 半田商業高校演劇部公演「無償の愛から生まれたもの」
備考

全席自由

申込み

予約不要

主催
全国市民憲章運動連絡協議会・半田市民憲章実践協議会・市民憲章運動推進第48回全国大会半田大会実行委員会

このページの先頭へ

新美南吉生誕100年記念ロシア語・ベラルーシ語朗読会

ベラルーシ共和国の日本文化情報センターで「でんでんむしのかなしみ」「あめだま」「ごんぎつね」など新美南吉作品の朗読を通して、日本を代表する童話作家、新美南吉について紹介します。

新美南吉生誕100年記念ロシア語・ベラルーシ語朗読会

開催日

2013年7月30日(火)・9月30日(月)

場所

日本文化情報センター(ベラルーシ共和国ミンスク市ルシャノワ通48番地ミンスク市立第5児童図書館2階)

費用

無料

主催
日本文化情報センター(ベラルーシ共和国)

このページの先頭へ

長野ヒデ子講演会「南吉と私」~絵本の力と紙芝居の力~

半田市立博物館で開催中の企画展「『狐』長野ヒデ子絵本原画展」を記念し、絵本作家の長野ヒデ子さんに南吉童話への思いなどを語っていただきます。長野さんによる紙芝居の実演もあります。

長野ヒデ子講演会チラシ

開催日

2013年9月23日(月・祝) 13時30分~15時(予定)

場所

半田空の科学館プラネタリウムホール(愛知県半田市桐ヶ丘4-210)
(原画展会場の半田市立博物館のすぐ隣です)

費用

無料

申込み

予約不要(ただし来場者多数の場合は入場制限をすることもあります)

問い合わせ

新美南吉顕彰会(新美南吉記念館内) 0569-26-4888

主催
新美南吉顕彰会・半田市教育委員会

講演後、サイン会を行います(サインは会場で購入した絵本に限ります)

このページの先頭へ

地域を灯す誇りとなれ!~キャンドルナイト2013~

南吉さんが灯りに託した夢や希望、優しさなどの想いは、100年経った今でも色あせることなくこの地域を灯す誇りとなっています。この地域の発展に貢献し、誇りとなるために、どんな夢や希望を抱くことができたのか。今はほんの1人の小さな夢や希望であっても、100年後にはたくさんの人に広がり、この地域の誇りとなるという想いをこめて、1万個の灯りに変えて発信しよう。

開催日

2013年9月22日(日)16時~19時30分

場所

岩滑小学校体育館。新美南吉記念館

費用

無料

詳細
1.キャンドルナイト2013

岩滑小学校、矢勝川沿い、新美南吉記念館に1万個のキャンドルを灯します。

2.キャンドル提灯行列

手作りのキャンドル提灯を持ち、岩滑小学校から矢勝沿いを通って新美南吉記念館まで歩きます。

備考

定員 100名(先着順)

問い合わせ

電話0569-21-7105

主催
社団法人半田青年会議所

このページの先頭へ

ごんぎつねの里より「南吉童話へのいざないinつくば」

歴史ある古民家の中で、時間を忘れて、温かい南吉童話の世界と癒しの音楽ヘルマンハープのコラボレーションをお楽しみください。

開催日

2013年9月15日(日)13時30分~16時

場所

つくば市さくら民家園(茨城県つくば市吾妻2-7-5)

費用

無料

詳細
  • 南吉童話のストーリーテリング(小野敬子)ヘルマンハープの演奏と歌(島村敦子)
  • 新美南吉の生涯についてのお話
申込み

不要

主催
新美南吉を愛する会

このページの先頭へ

やさしさの万華鏡~新美南吉の世界へ~

新美南吉童話の朗読会です。眼の健康を考えるメニコンが、親子で、ご夫婦で、お友達同士で楽しめる優しく心温まる時間をお届けします。

開催日

2013年8月26日(月)
1ステージ 13:00開場 13:30開演
2ステージ 16:00開場 16:30開演

場所

メニコンANNEX 5階 HITOMIホール(愛知県名古屋中区葵3丁目21-19)

費用

無料(先着100名)

詳細
出演者

いちかわ あつき かとう じゅんこ

おはなし
  • 飴だま
  • 花のき村と盗人たち
  • 手袋を買いに
  • うた時計
申込み

メニコンANNEXのホームページからお申込みください。

問い合わせ

MBAイベント事業部 電話 052-938-6232

このページの先頭へ

第4回半田ふるさと検定 新美南吉編

4回目を迎える「半田ふるさと検定」。生誕100年の今年は新美南吉をテーマに行います。

開催日

2013年8月25日(日)10時~

場所

半田商工会議所・クラシティ半田

費用

1,000円(学生800円)

詳細

新美南吉に関する問題など50問を60分間で解きます。1問2点の100点満点で70点以上が合格です。

出題範囲

図録「生誕百年 新美南吉」(新美南吉記念館発行)、作品「ごんぎつね」「手袋を買いに」「おじいさんのランプ」「最後の胡弓弾き」「久助君の話」「花のき村と盗人たち」

問い合わせ

電話0569-21-0311

主催
半田商工会議所

このページの先頭へ

展示会「日本の子どもの文学-国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み」 児童文学者コーナー第5回 新美南吉

国際子ども図書館で開催中の展示会「日本の子どもの文学-国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み」では、半年ごとに特定の作家や詩人をとりあげる児童文学者コーナーの第5回として、新美南吉をとりあげます。
「ごんぎつね」「手ぶくろを買いに」・・・29歳で亡くなった新美南吉の童話は、いまも広く読みつがれています。南吉が何を語り、私たちが何を読みとってきたのか、生誕100年を機会に考えてみましょう。

期間

2013年2月26日(火)~2013年8月18日(日)

場所

国際子ども図書館 本のミュージアム〔3階〕

費用

無料

備考
会期中の国際子ども図書館 休館日

月曜日、国民の祝日・休日(こどもの日を除く)、第3水曜日(資料整理休館日)

国際子ども図書館 開館時間

午前9時30分~午後5時

問い合わせ

国立国会図書館国際子ども図書館
〒110-0007 東京都台東区上野公園12-49
TEL03-3827-2053(代表)

主催
国立国会図書館国際子ども図書館

このページの先頭へ

第32回天白子ども劇場・新美南吉生誕100年記念公演「きつね」

劇団名芸が毎年夏に定期的に公演している天白子ども劇場で、新美南吉生誕100年を記念し、南吉の後期作品「きつね」を脚色し上演します。

開催日

平成25年8月4日(日)

場所

名古屋市天白文化小劇場

費用

1500円

主催
劇団名芸

このページの先頭へ

「新美南吉を読もう!」読み聞かせと朗読で味わう新美南吉の世界

(一社)日本朗読検定協会が主催する新美南吉作品に限定した読み聞かせ・朗読・朗読劇です。東京・大阪・福岡で開催されます。朗読を聴きたいお方は無料でご入場していただけます。(朗読を読みたい方は有料です。)

詳しくは(一社)日本朗読検定協会公式ブログをご覧ください。

開催日

2013年4月3日(水) 東京、大阪
2013年4月13日(土) 東京
2013年7月21日(日) 福岡

場所
2013年4月3日(水)

東京(座・高円寺)、大阪(大阪市中央公会堂)

2013年4月13日(土)

東京(座・高円寺)

2013年7月21日(日)

福岡(アクロス福岡)

主催
(一社)日本朗読検定協会

このページの先頭へ

新美南吉応援団展

東京銀座のギャラリー枝香庵が4月に開催した16人のアーティストによる南吉童話創作展が半田にやってきます。

期間

2013年6月1日(土)~7月21日(日)

場所

ギャラリー蔵のまち(愛知県半田市中村町1-40)

費用

無料

詳細
参加アーティスト
  • 伊藤香奈
  • 井上菜奈
  • 井上文香
  • 蟹江杏
  • 菅野由貴子
  • 木村志保子
  • 作宮杏奈
  • 佐藤明子
  • しまたにあや
  • 椿崎和生
  • ツリタニユリコ
  • 中野真典
  • 樋口大寒
  • 松永悠一郎
  • 山崎コマリ
  • 渡邉絵美里
問い合わせ

電話0569-32-3264

主催
半田市観光協会

このページの先頭へ

講演会「児童文学と教育をつなぐもの」―教材「ごんぎつね」を軸に考える―

今年生誕100年を迎える新美南吉の「ごんぎつね」が、はじめて国語教科書に載ったのが1956年。1980年以降は全社の教科書に採用され、日本中の小学4年生が出会う作品になっています。
「ごんぎつね」のどこに教材としての価値が見出され、授業のなかで、子どもたちは、何を感じ、何を学んでいるのでしょうか。
「ごんぎつね」だけでなく、児童文学作品は、小中学校の教科書で数多く教材化されましたが、「児童文学」は「教育」という仕事のなかでどのように機能しているのでしょうか。考えてみましょう。

開催日

2013年7月13日(土)14時~16時30分

場所

国際子ども図書館3階ホール(東京都台東区上野公園12-49)

費用

無料

詳細
講師

府川源一郎(横浜国立大学教授)、宮川健郎(武蔵野大学教授)

定員

100名

対象

中学生以上

申込み

往復葉書又は電子メールによる申し込みが必要です。締め切り6月28日(金)17時必着
※詳しい申込み方法は国際子ども図書館のホームページをご覧ください。

問い合わせ

国際子ども図書館 03-3827-2053(代表)

主催
国立国会図書館国際子ども図書館

このページの先頭へ

南吉さんのほたる祭

新美南吉記念館奥の湿地帯で約300匹のほたるが一斉に飛び立ちます。
七夕飾りや記念撮影コーナーのほか、参加者限定のナイトミュージアムも。

開催日

2013年7月7日(日)18時30分~

場所

新美南吉記念館

費用

無料

申込み

インターネットで予約 「南吉さんのほたる」で検索

問い合わせ

電話0569-29-2525

主催
半田ほたるのまちおこし推進室(半田中央印刷株式会社内)

このページの先頭へ

新美南吉生誕100年記念「南吉童話の散歩道」

ちいさな生き物、人々の暮らしや季節、そして何よりも故郷を愛した南吉。代表作の「ごんぎつね」は、1956年に小学校の国語の教科書に掲載され、現在ではすべての4年生の国語の教科書に採用されています。南吉の歩んだ道を知り、南吉が文学として残した「心と心の通い合う世界」にふれてみます。

開催日

2013年7月6日(土)14時~16時

場所

ハートフルスクエアーG 2階 大研修室(岐阜県岐阜市)

費用

500円

詳細
講師

児童文学研究者 小野 敬子 氏

備考

募集人数 150名(応募者多数の場合は抽選)

問い合わせ

岐阜市生涯学習センター 生涯学習係 058-268-1050

主催
岐阜市生涯学習センター、(公財)岐阜市教育文化振興事業団

このページの先頭へ

Liebeslieder特別企画 「新美南吉の文学が奏でる音楽 そして歌たち」

幼い頃に母を亡くし、「ごんぎつね」「手袋を買いに」「デンデンムシノカナシミ」など、数々の美しい童話・詩・小説などをこの世に生み出したのち、わずか29歳でこの世を去ってしまった新美南吉……。後の作曲家たちが彼の詩や童謡に作曲した歌、また、南吉の童話や、彼の日記等に登場する歌、その当時の流行の歌などを集めたコンサートです。
南吉ゆかりの地に生まれ育ったあるメンバーの熱い思いにほだされて、リーベスリーダーが新美南吉の世界を歌います。ピアニストは作曲家の真島圭氏。今回リーベスリーダーの為に作曲してくださる新曲も初演の予定です。

Liebeslieder特別企画 「新美南吉の文学が奏でる音楽 そして歌たち」

開催日

2013年7月4日(木)19時開演

場所

大泉学園ゆめりあホール(東京都練馬区東大泉1-29-1)

費用

入場料 3,000円

詳細
予定曲

「墓碑銘」「詩人」「月の角笛」「貝殻」「お伽噺」「春風」「シューベルトの子守唄」「叱られて」「波浮の港」「闘牛士の歌」「恋はやさし野辺の花よ」

問い合わせ

FAX 03-6760-3865

主催
リーベスリーダー(二期会ブロック活動・重唱研究グループ)

このページの先頭へ

講演「新美南吉と平和」(第20回知多平和学習会)

開催日

2013年6月30日(日) 13時30分~16時 (開場13時)

場所

アイプラザ半田 小ホール

費用

無料

詳細
講師

福岡猛志(歴史学者、元日本福祉大学副学長、元日本福祉大学付属高等学校校長)

備考

新美南吉の童話「ひろったらっぱ」の朗読、教育実践・意見発表も

問い合わせ

岩澤弘之 090-9266-2753

主催
知多地方教職員労働組合、愛知県高等学校教職員組合知多支部、半田空襲と戦争を記録する会

このページの先頭へ

新美南吉音楽物語 ~序章から終章 その情熱あふれる童謡創作オラトリオ~

新美南吉の一生を歌と朗読で綴ります。本演奏会のために作曲された作品(南吉の詩)の初演も。
※詳細はチラシなどが出来次第アップします。

開催日

2013年6月23日(日) 時間未定

場所

半田市福祉文化会館(雁宿ホール)大ホール

費用

参加費:有料

詳細
対象

どなたでも

主催
新美南吉生誕100年記念コンサート実行委員会(半田銀の鈴合唱団・半田ゴスペルクワイヤー)

このページの先頭へ

名作実験公演Ⅵ~新美南吉生誕100年・その世界~

草加劇道場オリジナルの脚本で構成する演劇のミニシアター公演の第6弾。
新美南吉生誕100年を記念し、名作「ごんぎつね」をはじめとする、南吉の人間味と郷土愛にあふれた味わい深い作品を取り上げる。

開催日

2013年6月 9日(日)13時30分~、17時~
10日(月)11時~
(開場は30分前)

場所

草加市文化会館1階 レセプションルーム

費用

一般2,000円、中学・高校生1,000円、小学生無料(要整理券)
※未就学児入場不可

詳細
出演
  • 金子之男
  • 森本克己
  • えんどうはな
  • 小林なおみ
  • 土井智代
  • 田村仲世
  • 外谷忠士
問い合わせ

演劇創造ドラマン 048-928-3695、090-8106-6927
草加市文化会館 048-931-9325

主催
草加劇道場

このページの先頭へ

笑みの会 祝!新美南吉100歳!朗読パーティー2013

新美南吉生誕100年をお祝いして開催される、安城市の「笑みの会」主催の新美南吉作品朗読会です。朗読の他にゲストによる歌も。

開催日

2013年6月2日(日)14時開演

場所

安城市文化センター

費用

入場料:500円

備考
ゲスト出演(予定)
  • 左近治樹(南吉オリジナルシンガー)
  • 山崎典子(わらべ歌による音楽遊び研究会・子ども音楽舎クルミの木 主宰)
問い合わせ

笑みの会 080-3619-5194

主催
笑みの会

このページの先頭へ

語り人(すとーりー・てらー)サヤ佳 ~東北支援「語りの会」in神戸 Vol.2

神戸で生まれて阪神淡路大震災を経験し、現在は愛知県で語りの活動をしている小林サヤ佳さんが、今年生誕100年を迎える新美南吉の童話をαオルゴールの演奏と共に語ります。

開催日

2013年5月25日(土) 11時開演

場所

お食事処 ねっこ (神戸市長田区腕塚町7-3-18 ※JR新長田駅から徒歩7分)

費用

2000円(昼食付)

備考

※このイベントでの収益は被災地の子どもたちの支援のため、全額「ハタチ基金」に寄付されます。

問い合わせ

078-631-4015(ねっこ)

主催
ムジカマーノ

このページの先頭へ

自然観察会「成岩の菓子屋とムクノキと蜜蜂」

新美南吉は日記に「成岩は菓子屋の多い店古い町である。ほとんど軒なみに、菓子屋がある。」また、「成岩の無量寿寺へ豆をもっていった。大きな寺だった。お庵の広いあがりからまちをみたとき、将軍や勅使を連想した。」と記しています。
当時の様子を想像しながら、成岩の町並みを歩きます。途中大きなムクノキが何本もあり、例年ニホンミツバチが営巣しているところがあるので、ムクノキや蜜蜂の観察をします。新美南吉の作品にはよく蜜蜂が登場します。ムクノキについても、「椋の実の思い出」という作品があります。

開催日

2013年5月18日(土)9時30分集合

場所

集合場所:成岩公民館(愛知県半田市成岩本町四)

費用

50円(保険代)

主催
知多自然観察会

このページの先頭へ

第2回 朗読フェスティバルin野田「新美南吉大会」

千葉県野田市を中心に、周辺地域の朗読グループも参加して行う朗読の催しです。

期間

2013年5月3日(金)~4日(日) 予定

場所

野田公民館 欅のホール、小ホール

主催
野田公民館・第2回朗読フェスティバルin野田実行委員会

このページの先頭へ

童話の里探検プログラム「新美南吉の世界を体験しよう!!」

新美南吉縁のスポット探索、各スポットでクイズに答えてカードを集めよう!
そのカードを組み合わせると大きなパズルが完成します。

開催日

2013年4月20日(土)9時30分受付、10時開会、16時終了予定

場所

岩滑コミュニティセンター
※駐車場は岩滑小学校グランド

費用

無料(先着100名)
※参加申し込み必要

詳細

半田青年会議所

備考

当日は、昼食をご用意ください。
雨天の場合は、雨具をご用意ください。

問い合わせ

社団法人半田青年会議所 0569-21-7105

このページの先頭へ

人形劇団プーク こどもの劇場

人形劇団プークの自主公演。
第一部:人形音楽バラエティ「くるみ割り人形」(25分)
第二部:新美南吉原作「てぶくろを買いに」(42分)

期間

2013年3月28日(木)~3月31日(日)10時30分~(31日のみ10時30分~・14時~)

場所

紀伊國屋ホール(東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4F)

費用

3,000円(全席指定・3歳以上均一)

問い合わせ

電話03-3370-3371

主催
人形劇団プーク

このページの先頭へ

人形劇俳優たいらじょうの世界 「ごんぎつね」他

人形劇界に革命を起こす若き鬼才による「ごんぎつね」。
かしらと尾だけの人形で表現する感動の舞台。
コメディ「シンデレラ」との2本立てです。

人形劇俳優たいらじょうの世界 「ごんぎつね」他

詳しくはチラシPDFをご覧ください。

人形劇俳優たいらじょうの世界 「ごんぎつね」他

開催日

2013年2月11日(月・祝) 開演15時~(開場14時30分)

場所

大府市勤労文化会館 くちなしホール

費用

前売り・自由席
大人 2,000円(当日2,500円)
小中学生 1,500円(当日2,000円)

申込み

チケット取扱い窓口
・大府市勤労文化会館
・石ケ瀬会館
・チケットぴあ Pコード 424-507

問い合わせ

大府市勤労文化会館 0562-48-6151

主催
大府市・大府市文化協会・㈱ピーアンドピー共同体

このページの先頭へ

泉の会 第5回朗読発表会

新美南吉の童話、小説、詩などを朗読します。

また、南吉は宮澤賢治が好きだったことから、賢治の作品も加えました。

開催日

2013年2月5日(火) 10時~12時

場所

半田市福祉文化会館(雁宿ホール)2階 集会室

費用

無料

詳細
対象

どなたでも

プログラム
第一部

詩「窓」「乳母車」「母さんの歌」「輪まわし」「月は」「牛」「線香花火」「ぎいぎい虫」

童話「子供のすきな神さま」「王様と靴屋」「デンデンムシノカナシミ」「ヒロッタラッパ」

「とっこべとら子」(宮澤賢治作品)

第二部

小説「おしどり」

童話「小さい太郎の悲しみ」「狐」

申込み

不要

問い合わせ

090-8542-1449 中野

主催
泉の会

このページの先頭へ

新美南吉英訳絵本英語朗読コンテスト大会

半田国際交流協会がこれまでに発行した南吉作品の英訳絵本の中から、すきなところを英語で朗読してもらい、その表現力などを審査します。

開催日

2013年1月27日(日) 13時30分~

場所

雁宿ホール2階 社会適応訓練室

主催
半田国際交流協会
応募要項
課題
新美南吉英訳絵本の中から自由選択(朗読時間は1人3分以内)
応募資格
半田市在住・在校の小・中学生
部門
小学1・2年生、小学3・4年生、小学5・6年生、中学1年生、中学2年生、中学3年生の6部門 ※各部門5名
応募期間
平成24年12月1日(土)~12月25日(火)
各賞
各部門優秀賞:5000円の図書券 特別賞・参加賞あり
審査員
半田市長、半田市国際交流協会会長、南山大学教授ほか(予定)
応募先
〒475-0918 愛知県半田市雁宿町1-22-1 半田市福祉文化会館内
半田国際交流協会 南吉英語朗読コンテスト募集係り
TEL 0569-26-1929
所定の用紙に記入して応募してください(用紙はHPからダウンロードできます)

このページの先頭へ

知っ多マンドリーノ「ファミリーコンサート」

新美南吉の童謡をイメージして作曲された新曲が演奏されます。

開催日

2012年11月4日 13時30分~

場所

住吉福祉文化会館(愛知県半田市宮路町)

詳細
第1ステージ

映画音楽特集

第2ステージ

懐かしのメロディ集

第3ステージ

新美南吉童謡集「ひかる」「貝殻」「明日」「母さんの歌」(作詞:新美南吉、作曲・編曲:横井敦志)

主催
知っ多マンドリーノ

このページの先頭へ

オクムラ宅「新美南吉の日記 1931-1935」

「私は、私が卑しいものである事を、美しい彼等に知られる事が恐しい。」
「貧乏人のきたない出来ない子が、手をつかむと、いやになる。」
優しく、美しい物語を紡いだ新美南吉。しかし、その日記には童話作家のイメージを裏切る意外な言葉が多く見られます。
その言葉の裏にある本当の南吉とは?
南吉を敬愛して止まない若き演出家奥村拓が恋人M子の視点から解き明かします。

オクムラ宅「新美南吉の日記 1931-1935」

期間

2012年11月1日(木)~4日(日)
2012年11月1日・2日:20時~
2012年11月3日・4日:11時~、15時~、19時~

場所

土間の家(東京都世田谷区下馬4-24-16)

詳細
定員

各回15名

出演

齊藤ヒヨコ、延山丈二、矢口人圭、今野太郎

脚色・構成・演出

奥村拓

備考

会場地図、予約方法など詳細はホームページをご覧ください。

主催
オクムラ宅

このページの先頭へ

南吉の里ラリー

南吉ゆかりのスポットなど半田市内10ヵ所に置かれた木箱を探して巡ります。木箱の覗き穴からは南吉作品をイメージさせるイラストや、プレゼントがもらえるキーワードが見えます。

期間

2012年9月1日(木)から
2012年10月31日(月)

場所

新美南吉記念館・南吉生家・半田運河・小栗家住宅など10ヵ所
※新美南吉記念館、知多半田駅前観光案内所、蔵のまち観光案内所でコースマップの配布と景品交換を行います。

問い合わせ

半田市観光協会 TEL:0569-32-3264

主催
半田市観光協会

このページの先頭へ

南吉が愛したスイーツ巡り(食べ歩きスイーツ)

大の甘党だった南吉にちなんで半田市内のお菓子屋さんを巡るスイーツチケットを販売します。500円のチケットで4つのお店の指定商品と交換できます。

期間

2012年9月1日(木)から
2012年10月31日(月)

詳細
チケット販売所

知多半田駅前観光案内所、蔵のまち観光案内所など

問い合わせ

半田市観光協会 TEL:0569-32-3264

主催
半田市観光協会

このページの先頭へ

新美南吉童話企画「秋のおはなし創作展」

新美南吉生誕100年に向け、半田市観光協会が季節ごとに計4回行う創作展の第二回。秋に題材にした南吉作品をテーマに、全国から集まったアーティストたちが個性豊かに表現します。

期間

2012年9月20日(木)から
2012年10月31日(水)

場所

ギャラリー蔵のまち:9時~16時
※10月6日・7日は第7回はんだ山車まつりのため観覧できません。
cafe&shop「ごんの贈り物」(新美南吉記念館内):10時~17時
※新美南吉記念館の休館日は観覧できません。

詳細
参加アーティスト
  • 石川みほ
  • 伊藤香奈
  • 伊藤みほ
  • 井上文香
  • 岩崎里香
  • 小原さおり
  • 蟹江杏
  • 菅野由貴子
  • 櫻井亜依
  • 佐藤泰子
  • すぎうらよしこ
  • 中野真典
  • 樋口大寒
  • 平野美帆
  • 丸山ゆき
  • 山本正子
  • ワキタヨシコ
主催
半田市観光協会

このページの先頭へ

新美南吉絵本大賞

平成24年の安城市市制60周年と平成25年の新美南吉生誕100年を記念し、南吉童話を絵本にした作品を公募します。
大賞作品は絵本として出版され、安城市のブックスタート事業として安城に生れた赤ちゃんとその保護者に贈られるほか、一般販売もします。

新美南吉絵本大賞

期間

平成24年6月1日(金)から平成24年9月30日(日)まで[当日消印有効]

場所

安城市中央図書館

主催
安城市・安城市教育委員会
募集要項
募集作品
「みちこさん」「こうし」「でんでんむし」「うまやのそばのなたね」「かんざし」「木の祭」「去年の木」「二ひきのかえる」「花のき村と盗人たち」「こぞうさんのおきょう」
※作品の文章は、簡略、改変しないでください。
募集期間
平成24年6月1日(金)から平成24年9月30日(日)まで[当日消印有効]
応募資格
小学生以上。ただし、平成24年9月末時点で作品を商業的に単行本として出版したことのない方に限ります。
応募規定
  • サイズ:A4判(297mm×210mm)以内
  • 本文の絵:14場面以内(表紙と背表紙などは別)
  • 場面割は自由。画材・技法は自由ですが、立体、貼り付けは不可
  • 原画又はカラーコピーを簡易製本して提出してください

※応募規定外の作品は審査の対象外となります。応募作品は返却いたしません

主催者
安城市・安城市教育委員会
提出先
応募票を記入し、作品と一緒に提出してください。

  • 〒446-0043 愛知県安城市城南町2丁目10-3
  • 安城市中央図書館「新美南吉絵本大賞」事務局あて

※直接持参するか、郵送・宅配便等で元払いにて送付してください。

問合せ
  • TEL:0566-76-6111
  • FAX:0566-77-6066
  • Eメール:tosyo@city.anjo.aichi.jp
審査員
  • 黒井 健氏(絵本作家)
  • 長野ヒデ子氏(絵本作家)
  • 後路好章氏(安城市新美南吉絵本大賞実行委員長、元児童書出版社編集長)
  • 三輪 哲氏(安城市新美南吉絵本大賞実行委員、子どもの本専門店メルヘンハウス代表取締役)
  • 丹藤博文氏(愛知教育大学教授、文学教育)、安城市教育長、安城市中央図書館長 ほか
  • 大賞:全応募作品の中から1点(賞金60万円+絵本として出版)
  • おとなの部【高校生以上及び一般】 優秀賞:2点(賞金5万円)、入賞:5点(賞金1万円)
  • 子どもの部【小学生・中学生】 優秀賞5点(図書カード1万円分)、入賞:20点(図書カード5千円分)

※特別賞(全応募作品の中から2点以内・賞金5万円)を含め、賞金総額100万円
※他者の作品を模倣とみなされた場合は、入賞決定後であっても無効となります。
※大賞を受賞された方は絵本を商業出版するため、原画の書き直し及び書き足ししていただく場合があります。

諸権利
大賞作品の著作権は主催者(安城市)に帰属します。
結果
平成24年11月末までに入賞者のみに通知するとともに、図書館ホームページ及び報道機関等を通じて発表します。
表彰式
  • 日時:平成25年1月19日(土)午後2時
  • 場所:安城市昭林公民館(中央図書館南隣)
  • 記念講演:黒井健氏(絵本作家)
展示
受賞作品35点は、安城市昭林公民館(表彰式当日)及び安城市中央図書館(1月20日以降)で展示します。
その他
  • 出品は無料ですが、応募に関わる諸経費は応募者の負担とします。
  • 応募作品に係る個人情報は本事業以外には使用しません。

※対象作品のテキストや募集内容の詳細詳は安城市中央図書館のホームページをご覧ください。

「新美南吉絵本大賞」関連行事
「さいとうよしみ絵本原画展」(絵本「花のき村と盗人たち」の原画展)
平成24年7月1日(日)~7月31日(火)
於安城市中央図書館 1階 児童コーナー

このページの先頭へ

ランプの灯りコンサート~半田商工会議所創立120周年プレイベント~

手づくりランプの灯り・虫の音の中、幻想的な雰囲気で行われるコンサートです。

※台風接近のため30日は中止となりました。

開催日

2012年9月29日(土)・30日(日)19時~20時30分

場所

新美南吉記念館屋外ステージ(花のき広場)
※記念館の駐車場は18時15分からご利用できます。

詳細

「南吉童話の朗読とハープ演奏」南吉童話お話の会、アイリッシュハープ奏者MISA

同時開催

ナイトミュージアム(新美南吉記念館夜間臨時開館)18時30分~20時30分【入館料無料】
ナイトCAFE(cafe&shop「ごんの贈り物」)18時30分~20時30分

主催
半田商工会議所

このページの先頭へ

知多半島キャンドルナイト2012 ~みんなで灯そう!魅力溢れる知多半島!~

岩滑公民館でペットボトルでキャンドルを作り、火を灯してみんなで矢勝川を歩きます。新美南吉記念館に着いたらキャンドルが照らすなか童話の朗読を楽しみます。

開催日

2012年9月22日(土)16時~19時25分

場所

岩滑公民館、新美南吉記念館、矢勝川周辺

詳細
定員

120名

主催
(社)半田青年会議所 0569-21-7105

このページの先頭へ

新美南吉童話企画「夏のおはなし創作展」

新美南吉生誕100年に向け、半田市観光協会が季節ごとに計4回行う創作展の第一回。夏に題材にした南吉作品をテーマに、全国から集まったアーティストたちが個性豊かに表現します。

新美南吉童話企画「夏のおはなし創作展」

期間

2012年7月7日(土)から
2012年8月19日(日)
※新美南吉記念館の休館日は観覧できません。

場所

ギャラリー蔵のまち 9時~16時 ※期間中無休
cafe&shop「ごんの贈り物」(新美南吉記念館内) 10時~17時

詳細
参加アーティスト
  • 石川みほ
  • 伊藤香奈
  • 伊藤みほ
  • 井上奈奈
  • 井上文香
  • 岩崎里香
  • 菅野由貴子
  • こたに千絵
  • 小原さおり
  • 櫻井亜依
  • 佐藤明子
  • shika*shika(しかしか)
  • 白井美奈子
  • 永谷優貴
  • 林千絵
  • みずかみあさみ
  • ワキタヨシコ
主催
半田市観光協会

このページの先頭へ

第5回「ごんぎつねの郷」全国誌上川柳大会

毎年、全国から数多くの作品が集まる「ごんぎつねの郷」全国誌上川柳大会。
今年の課題は新美南吉の童話「でんでんむしのかなしみ」にちなんで<虫>です。

※詳しくは第5回「ごんぎつねの郷」全国誌上川柳大会(投句用紙付き)をご覧ください。

期間

2012年6月1日から
2012年7月31日(消印有効)

問い合わせ

〒475-0805 愛知県半田市浜田町2-1-4
TEL/FAX 0569-26-0721
「ごんぎつねの郷」全国誌上川柳大会実行委員会会長 浅利猪一郎

主催
「ごんぎつねの郷」全国誌上川柳大会実行委員会
募集要項
課題
「虫」
募集期間
平成24年6月1日~7月31日(消印有効)
投句料
1,000円(切手不可・小為替等使用のこと)
投句先
〒475-0833 愛知県半田市花園町4-11-14
「ごんぎつねの郷」全国誌上川柳大会実行委員会事務局 森本恵子宛
最優秀作品賞:新美南吉顕彰会賞(賞状・盾ほか)
優秀作品賞(2~12位):後援団体より呈賞(賞状・盾を予定)
(13~20位):実行委員会賞(知多名産品を予定・増加の可能性有り)
発表
柳誌「きぬうら」大会報告号(平成24年11月発行・応募者全員に送付)
主管
川柳きぬうらクラブ

このページの先頭へ

南吉検定(サマーアタック2012)

半田市内の小中学生から募集した新美南吉に関する問題をもとに作成した検定です。
合格者は、ごんぎつねのひ孫「ごん吉くん」の正式な仲間「ごん吉くんフレンズ」として認定し、商品を贈呈します。
検定の後は、新美南吉記念館の矢口栄前館長から南吉豆知識のお話もあります。

開催日

2012年7月28日(土)13時30分~15時30分

場所

さくら小学校 会議室

費用
参加費

100円

詳細
対象

半田市内小中学生

定員

20名

申込み

平成24年7月2日(月)【必着】までにハガキ、FAX、Eメール、または直接生涯学習課(雁宿ホール内)へ。

問い合わせ

半田市教育委員会生涯学習課
〒475-0918 半田市雁宿町1-22-1
TEL:0569-23-7341、FAX:0569-23-7629、メール

主催
教育委員会事業

このページの先頭へ

ランチタイムコンサート 童話「ごんぎつね」とクラシックの奏で(セントレア空港音楽祭 2012・盛夏)

中部国際空港を舞台にした音楽祭で、南吉が愛したクラシック音楽の演奏と南吉作品の朗読をお楽しみください。

開催日

2012年7月8日(日)12時開場 12時30分開始

場所

中部国際空港 セントレアホール

費用
入場料

(前売券)一般1,000円 小学生500円
(当日券)一般1,200円 小学生600円

注意事項
  • 前売りで売り切れた場合、当日券の販売は行いません。
  • 当日券販売を行う場合、11時30分よりホール前で販売いたします。
  • 330席・全席自由(未就学児は観賞できません)
    ※チケットのお求めはチケットぴあ(Pコード 171-198)、サークルKサンクス、セブンイレブンで。
詳細
出演

トリオdeブランチほか

主催
中部国際空港株式会社

このページの先頭へ

NEO企画第31回公演「南吉万華鏡」

名古屋市のアマチュア劇団NEO企画による新美南吉の童話と懐かしい唱歌で綴る新感覚の朗読劇。

NEO企画第31回公演「南吉万華鏡」

期間

2012年6月15日(金)19時30分
2012年6月16日(土)11時・15時
2012年6月17日(日)15時
2012年6月18日(月)19時30分
2012年6月19日(火)19時30分

場所

PLAY HOUSE NEO(名古屋市西区名駅2-4-10鷲津ビル2階)
※名古屋駅より徒歩8分、駐車場はありません

費用
チケット料金(日時指定自由席)

一般前売り:2,500円(当日2,800円)
高校生以下前売り:1,800円(当日2,000円)

詳細
構成・演出

菊本健郎

問い合わせ

電話・FAX:052-752-1033

主催
劇団NEO

このページの先頭へ

きつねの森の母の日コンサート

新美南吉の温かい世界を通して、子育て中のお母さんたちに安らぎの時間をプレゼント。

開催日

2012年5月13日(日)14時~16時

場所

殖蓮公民館(群馬県伊勢崎市上植木本町2760)

費用
参加費

無料

詳細
第一部

新美南吉と巽聖歌に因む童謡のヘルマンハープ演奏

第二部

小野敬子さん(新美南吉研究家)による解説と「狐」の語り

第三部

バルーンアーティストによるミニバルーンアート体験

構成・演出

子育て中の親子

主催
伊勢崎市生涯学習課

このページの先頭へ

特別展「中野文芸館 ごんぎつねの童話作家 新美南吉と中野」

新美南吉は昭和7年4月から昭和11年11月まで東京の中野区上高田・新井薬師界隈で暮らし、代表作のひとつ「手袋を買いに」も中野で書かれています。
その中野区で新美南吉と中野の関わりついて紹介する展示が行われます。
3月25日(日)、28日(水)には春休み子ども特別映画会として「ごんぎつね」の上映も行います(共に13時30分より)

特別展「中野文芸館 ごんぎつねの童話作家 新美南吉と中野」

期間

2012年3月24日(土)から
2012年4月8日(日)

場所

山崎記念中野区立歴史民俗資料館(東京都中野区江古田4-3-4)

費用
入館料

無料

問い合わせ

山崎記念中野区立歴史民俗資料館
TEL:03-3319-9221

主催
山崎記念中野区立歴史民俗資料館

このページの先頭へ

南吉を書こう ~新美南吉へのオマージュ書き下ろし作品~

社)日本児童文学者協会による「新美南吉へのオマージュ作品」募集の入選作品が発表されました。

「南吉を書こう」と銘打ち、昨年3月から9月に募集されたこの企画には、詩1編を含む58編が応募されました。

入賞した6作品や選考評は、協会の機関誌『日本児童文学』2012年3-4月号で読むことができます。

南吉を書こう ~新美南吉へのオマージュ書き下ろし作品~

詳細
編集発行

(社)日本児童文学者協会

発売

小峰書店 定価1,050円

主催
(社)日本児童文学者協会

2013年は、新美南吉生誕100年、そして没後70年にあたります。
生前出版された童話集は『おじいさんのランプ』一冊しかありません。しかし、没後刊行された童話集『牛をつないだ椿の木』『花のき村と盗人たち』や、長年の詳細な研究のおかげで、私たちは今でもその多くの作品を読むことができます。
時 代の変化とそこに生きる人間を描いた「おじいさんのランプ」、絵本その他で幼い人たちがいまも出会う機会の多い「てぶくろを買いに」、少年が日常生活の中 で一瞬の心の深淵をのぞく「久助君の話」……などなど。そしてなにより、南吉の名を知らなくてもほとんどの人が知っている「ごん狐」。
小川未明を典型とする童話伝統が批判され、現代児童文学が新しく歩み出した50年前。その動きの中で、南吉は賢治と並んで高く評価されていました。南吉の視線を通して今を見渡せば、きっと魅力的な物語が新しく紡ぎ出されることでしょう。

内容
新美南吉のテーマやスタイルを現代に活かした、子どもから読める創作で、同人誌などに発表したことのないオリジナル作品。
原稿枚数と様式 400字×20枚以内
※応募は一人一編のみ。パソコン・ワープロによる場合はA4サイズ用紙に印刷し、400字詰め換算枚数を末尾に記入のこと。
応募方法
表紙に(1)作品タイトル(2)氏名(3)郵便番号・住所・電話番号(4)会員・非会員の別(5)隔月刊『日本児童文学』掲載の応募券の貼付。
※原稿の冒頭には作品タイトルのみ記入してください。なお、応募原稿の返却はいたしません。
応募資格
特になし。会員・非会員を問いません。
締切
2011年9月末日(消印有効)
入選作と発表
入選作5、6編を雑誌『日本児童文学』2012年3・4月号に掲載し、規定の原稿料をお支払いいたします。発表は当協会ホームページにて行います。選考についてのお問い合わせにはお応えいたしません。
選考委員
『日本児童文学』編集委員、保坂重政(新美南吉研究家)
参考
『日本児童文学』2010年11・12月号 特集
<賢治を書こう>『日本児童文学』2011年1・2月号 「11・12月号誌面批評」
原稿送付先
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
日本児童文学者協会 「日本児童文学」編集部 「南吉を書こう」係

※作品の応募には応募券1枚が必要です。応募券は隔月刊『日本児童文学』(小峰書店発売 定価1,050円)の5・6月号~9・6月号に掲載されています。お求めは、お近くの書店または(社)日本児童文学者協会(TEL:03-3268-0691 Email)までご注文ください。

このページの先頭へ

「手ぶくろを買いに」創作展

期間

2012年2月1日(水)から
2012年3月7日(水) 9時~16時

場所

ギャラリー蔵のまち(国登録有形文化財小栗家住宅内)

費用
観覧料

無料

問い合わせ

半田市観光協会 TEL:0569-32-3264

主催
半田市観光協会

このページの先頭へ

新美南吉パネル展

新美南吉が昭和12年に代用教員としてすごした美浜町(河和)の図書館で開催されるパネル展。美浜町教育委員会が所蔵する、恋人山田梅子に宛てたラブレターも展示されます。

期間

2011年11月5日(土)から
2011年11月20日(日)

場所

美浜町図書館展示ギャラリー

主催
美浜町図書館

このページの先頭へ

榊原澄香ペーパーアート作品展

ペーパーアート作家、榊原澄香さんが新美南吉作品を紙で半立体で表現した作品12点を展示。

期間

2011年11月2日(火)から
2011年11月20日(日)

場所

東邦ガスエネルギー館(愛知県東海市新宝町507-2)

問い合わせ

東邦ガスエネルギー館 TEL:0562-603-2527

主催
東邦ガスエネルギー館

このページの先頭へ

フラッグアートストリート 2011 SUMMER

新美南吉の作品をイメージした大型フラッグを子どもたちに制作してもらい、知多半田駅とクラシティ半田を繋ぐ連絡通路に設置。駅から来る観光客の方へのウェルカムフラッグとします。

開催日

2011年9月1日(木)から
2011年10月31日(月)

場所

知多半田駅とクラシティ半田を繋ぐ連絡通路

問い合わせ

半田市観光協会 TEL:0569-32-3264

主催
半田市観光協会
フラッグを制作するワークショップも開催します
日時
平成23年8月26日(金)13時~15時
場所
半田市市民交流センターホール
対象
小・中学生(低学年は保護者同伴)
講師
遠山敦
定員
20名(要予約)
参加費
500円

このページの先頭へ

「ツメサキの世界」新美南吉関連商品の販売と半田観光紹介のコーナー

雑貨専門店「木糸土」(もくしど)で、「ツメサキの世界」の新美南吉関連商品を販売し、あわせて半田の観光などを紹介するコーナーが設けられます。
※「ツメサキの世界」…半田市出身の作家石川みほさんが手がける手彫りはんこや紙雑貨のブランド

期間

2011年8月5日(金)から
2011年8月21日(日)

場所

「木糸土」全店(新宿、蒲田、仙台泉、阿倍野)

主催
雑貨専門店「木糸土」

このページの先頭へ

榊原澄香ペーパーアート作品展

ペーパーアート作家、榊原澄香さんが新美南吉作品を紙で半立体で表現した作品を展示。

期間

2011年8月2日(火)から
2011年8月21日(日)

場所

蘆花(愛知県半田市横川2-70)

問い合わせ

蘆花 TEL:0569-29-5388

主催
蘆花

このページの先頭へ

かみやしん氏原画展・でんでんむしの作品展

絵本『でんでんむしのかなしみ』(新美南吉作・かみやしん絵・大日本図書発行)の原画を展示。あわせてでんでんむしをテーマにした、地元をはじめ全国で活躍中の作家の作品を展示販売します。

かみやしん氏原画展・でんでんむしの作品展

期間

2011年7月2日(土)から
2011年8月14日(日) 9時~16時

場所

ギャラリー蔵のまち(国登録有形文化財小栗家住宅内)

費用
観覧料

無料

備考
協力

大日本図書

問い合わせ

半田市観光協会 TEL:0569-32-3264

主催
半田市観光協会

このページの先頭へ

「おぢいさんのランプ」上映講演会 ~アニメーションで描いた新美南吉の世界~

文化庁の平成22年度若手アニメーター等人材育成事業として制作された「おぢいさんのランプ」のアニメーション作品を上映します。講演会では、制作の経緯 や作品に込められた想いについて触れながら、アニメーション制作を通して見えてきた、新美南吉が「おぢいさんのランプ」で描いた時代についても考察してい きます。

「おぢいさんのランプ」上映講演会 ~アニメーションで描いた新美南吉の世界~

開催日

2011年7月30日(土)14時~15時30分

場所

三鷹ネットワーク大学

費用
参加費

大人1200円、小中学生600円 ※未就学児童入場不可

詳細

アニメ「おぢいさんのランプ」上映(約30分)
講演・質疑応答(約60分)

講師

竹内孝次 (株)テレコム・アニメーションフィルム代表取締役社長

定員

50名(先着順)

備考
協力

(株)テレコム・アニメーションフィルム

申込み

三鷹ネットワーク大学(HPから申し込みができます)
TEL:0422-40-0313

主催
三鷹ネットワーク大学

このページの先頭へ

半田しののめコーラス55周年記念演奏会

新美南吉生誕100年を記念して、第3部の混声合唱で、南吉の詩より5曲(貝殻、窓、枇杷の花ほか)を合唱します。

開催日

2013年5月19日(日)開場13時、開演13時30分

場所

半田市福祉文化会館(雁宿ホール)大ホール

費用

800円

主催
半田しののめコーラス

このページの先頭へ


南吉文学散歩(新美南吉記念館サイトへリンクします。)